ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
サイト情報
サイト管理者

hiro


オンライン状況
12 人のユーザが現在オンラインです。 (7 人のユーザが ブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 12

もっと...
ブログ  カレンダー
2021年 12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ブログ  検索
お問い合わせ


チューニング、車の整備に関するお問い合わせは、 チャレンジレーシングまで



chale




お問い合わせ  ホーム



<< RX-7 FD3S スーパーシフト? 964 タービンO/H 2 >>

2009年3月16日(月曜日)

964ターボ タービンO/H

カテゴリー: - hiro @ 22時35分46秒

964ターボのタービンO/Hです。

以前からエンジンから変な音がすると聞いていた車のタービンO/Hをすることになりました。

加速中にエンジンルームからどう考えてもタービンの音?と思えるような音が室内まで聞こえます。

でも、タービンはそんなに簡単に壊れない?  というのがほとんどのポルシェ屋さんの考え方です。

中には、ポルシェのタービンは、30万キロ ノーO/Hで平気と言うことをまじめに信じているところまであります。

30万キロ走ったポルシェのタービンを本当にみたの?  と言いたくなります。

964ta-bin

964ta-bin2

正直こんな色したポルシェのEXマニ見たことがありません。

これだけでも異常な感じがします。

964tu-bin3

外したタービンを見てみるとシャフトの触れは、過去最高!!  

というかここまで振っていたらアウトでしょうという  40/100mm です。

メーカー基準値は、  62/100  ですがこれはあくまでもメーカー基準値、、、

とりあえず走れますよ!  というレベルです。

チューニングベースの場合  最低基準値の  1/4 以下でないと安心してチューニングできません。

30万キロ O/Hしなくても平気という話が本当ならこのタービンは、50万キロは軽く走行していることになります。

本当にいい加減な噂が多すぎます。

使用用途も違えば目的も違う普通に考えても物質的な疲労はするだろうし経年変化もします。

しかも964ターボは、何年前の車????

物である以上デッタイに壊れます。

このタービンは、O/Hで知り合いのタービン屋さんに見てもらうとO/H不可能という判断になりました。

表から見ればブレードは平気でしたが、、、、外して見るとシャフトの羽が熱で溶けているそうです。

とりあえず現物を送り返してもらって中身を確認して見たいと思います。

————————————————————

話は、全然変わりますが知り合いのお客さんが AMGの C63を買いました。

初めてみましたがすげーーです。

amg 1

amg 2

昔、C36が出たときでも  Cクラスに3.6Lかよ!  と思いましたが

Cクラスに  6.3Lですよ!    しかも7速 AT のパドルシフト、、、

まだ慣らし中ですがめちゃくちゃ速いそうです。

リミッターが作動する250kmまでたぶんあっという間でしょうね!


コメント

RSS feed for comments on this post.

TrackBack URL : http://kurumaseibi.com/modules/wordpress/wp-trackback.php/144

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとE-mailは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
HTML allowed: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

49 queries. 0.012 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress