ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
サイト情報
サイト管理者

hiro


オンライン状況
18 人のユーザが現在オンラインです。 (7 人のユーザが ブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 18

もっと...
ブログ  カレンダー
2017年 9月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ブログ  検索
お問い合わせ


チューニング、車の整備に関するお問い合わせは、 チャレンジレーシングまで



chale




お問い合わせ  ホーム



<< 2009年 アイドラーズ第1戦 筑波 964 ターボ ブーストUP仕様 >>

2009年4月3日(金曜日)

ポルシェ 3L エンジン 2

カテゴリー: - hiro @ 17時32分19秒

ポルシェの3L エンジンの続きです。

エキゾーストバルブが曲がっているエンジンですが、その中身は、、、

3l eng 1

ヘッドをあけるとピストンとぶっかった跡があります。

3l eng 2

こういう場合、大体ピストンのほうが強いのでバルブが曲がってしまいます。

3l eng 3

バルブが曲がっているためきちんと閉じていません。

全気筒がこの状態だとさすがにエンジンは、かかりません。

しかも、衝撃ですべてのロッカーアームのネジが緩んでいましたから、、、クリアランスもめちゃくちゃです。

バルブを外すと、、、、

3l eng 4

3l eng 5

ヘッドに付いた状態だとたいして曲がっていないと思うのですが外してみるとこんなに曲がっています。

まるで、、ユリゲラー(古い)のスプーン曲げのようです。

例えば、10000rpmでオーバーレブすると   1秒間で 166回転   

それを各気筒  ポルシェの場合 6気筒 で割ると  1秒間に 27回  

コンマ1秒としてさらに10で割ると  2.7回   

こういう計算からたとえ0.1秒間オーバーレブさせても ピストンとバルブが2.7回ぶつかることになります。

あっと思った瞬間で大体アウトです。

しかもエンジン負荷がかかった状態が1番やばいです。

逆にシフトダウンのときのシフトミスは、案外大丈夫だったりします。

みなさん気をつけましょう。


コメント

RSS feed for comments on this post.

TrackBack URL : http://kurumaseibi.com/modules/wordpress/wp-trackback.php/153

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとE-mailは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
HTML allowed: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

49 queries. 0.017 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress