ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
サイト情報
サイト管理者

hiro


オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが ブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...
ブログ  カレンダー
2017年 7月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ブログ  検索
お問い合わせ


チューニング、車の整備に関するお問い合わせは、 チャレンジレーシングまで



chale




お問い合わせ  ホーム



<< 996 CUPカー ホイール完成。 2013 アイドラーズ第3戦 筑波 >>

2013年7月14日(日曜日)

996CUP シャイクダウン

カテゴリー: - hiro @ 21時36分25秒

996CUPカーが来てから約半年が経った。

 

 

今まで何度も言ってきたように車は本当に自分がお金を出して

自分のものにして乗って見ないと本当の良さや悪さが解らない。

 

 

これが私の自論です。

 

 

雑誌なんかで1回2回しか乗らないで適当なことを喋っている

自称プロドライバーの記事は正直読む気もしないし

そんな雑誌を鵜呑みにしている読者もどうかと思う。

 

 

ひとそれぞれ乗り方も違えば、ドライビングスタイルも違う。

 

 

ただ、速いと言う事だけを突き詰めればレース車両が1番だと思うが、
自走してサーキットまで行きツーリングなどにも参加できる車ということになれば話は、全然違ってくる。

 

 

996CUPカーナンバーつき

 

 

この時期のCUPだけ、書類が出たのでナンバーを取ることができた。
だから、ナンバー付きCUPのほとんどが01(2001年モデル)のCUPカーだと言えます。

 

 

ちなみに国内ではなく海外からレースカーを入れれば通関証明が出るのでナンバーが付けられる
可能性は、あります。

 

 

ちなみに、CUカーは、ナンバーを付ければそのまま乗れるのか?
というと、、、普通には、乗れません。

まず、CUPカーは、レーシングカーなのでそのままの状態だとステアリングがまったく切れません。
普通の交差点を直角に曲がることはまず無理です。

 

 

あとは、ラジエターにもファンが付いていませんの渋滞すると水温が上がり乗れません。

あと、、サイドブレーキがなかったり当然バックランプもありません。

ナンバー付きに改造するのは、このあたりが必要です。

私のCUPは、これらの改造がすべてやってありました。

 

 

ステアリングは、GT-3のものに交換 ラジエターには、電動ファン  サイドブレーキは、後付け。
バックランプも付いています。

だからといって普通の人が街中で普通に乗れるのか?

 

 

その答えは、無理です。

 

 

アイドリング1600rpm  クラッチミュートも最低1700rpm以上。

走行中は、エンジン回転を3000rpm以上をキープしなければハンチングが出て走れない。

当たり前ですよね。  レーシングカーですから、、、、

 

 

PITに戻ってきて 出ていけるだけの事ができればいいだけですから
それ以上のことはまったく必要のない世界で使われる車だから
ナンバーをつけて乗ろうというのがまず可笑しいことです。

 

 

ただ、割り切って考えればレーシングカーのいいところもいっぱいあります。

ポルシェAGが作った純正のボディ。標準でロールバー エアジャッキ  
そしてドライカーボンのドア。

これらすべてを普通のGT-3から作ろうとすると大変なことです。

足回りのサスレートも  F22K  R24K   

 

 

でも、純正は、ピロボールブッシュではなくゴムブッシュなので
このままのレートでも首都高なども普通に走れます。

下手なダウンサスを入れた964などよりも逆に乗り心地が良かったりします。

きちんと足が動いているんだな、、という感覚はすごくあります。

 

 

エンジンは、  ノーマルのエアフロがなくスロットルと回転制御なので
アイドリングなどは、当然高く 低速トルクは、まるでありません。

仕様部品は、ノーマルのGT-3と共通部品が多いのでGT-3Rなどの純レーシングカーと
比べればエンジンのO/Hなども楽なのだと思います。

 

 

それでも、CUPのエンジンのO/Hサイクルは、50時間。
実際のエンジンのパワー感は、あまりなくO/Hしなければならない次期だと思われます。

 

 

とりあえず現状の状態の走行性能がしりたいので
買った状態のまま、サーキットを走らせました。

足回りは、購入時のセッテイングのまま、、、
タイヤは、付いてきた 2009年製のSタイヤ。

 

 

まずは、

ツインリンクモテギ    

 

 

 

 

筑波サーキット

 

 

 

 

ツインリンクモテギ   2:09.512   最高速  219Km

筑波サーキット     1:02.768   最高速  187Km

 

 

正直 4年落ちのSタイヤでは、満足な性能は望めないのは当たり前の話。

でも、この状態でインプレッションするならば、、、

 

 

最高速は、それほどでもないが、、、トータルバランスは、さすがに凄くバランスのとれた車。

特にブレーバランスが絶妙で本当に必要なときでしかABSが効かない。

 

 

その絶妙加減がすばらしい、、、

さすが、ポルシェが作るレーシングカーですね。

気になるところは、やはりエンジンパワー  このボディとパッケージで 370psは、
最新のチューンドを戦うには、やはり役不足かな、、、

 

 

とりあえず、次はNEWタイヤで走ってみないと何も解らないので、

 

 

今後の方向性は、NEWタイヤを履いた後で、、、、


コメント

RSS feed for comments on this post.

TrackBack URL : http://kurumaseibi.com/modules/wordpress/wp-trackback.php/523

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとE-mailは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
HTML allowed: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

49 queries. 0.016 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress