ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
サイト情報
サイト管理者

hiro


オンライン状況
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 1

もっと...
ブログ  カレンダー
2020年 8月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ブログ  検索
お問い合わせ


チューニング、車の整備に関するお問い合わせは、 チャレンジレーシングまで



chale




お問い合わせ  ホーム



<< 964 ターボ 3.6L E/G OH  完成!! 930  RUF 6速 MT OH >>

2012年2月25日(土曜日)

Yさん 964ターボ 2

カテゴリー: - hiro @ 22時50分20秒

エンジンO/Hの Yさん 964ターボ

今回は、3.2Lカレラのインマニを使うのでポート加工と ヘッド部分の溶接肉盛り作業が必要です。

 

 

y 9641

y 9642

 

 

930ターボや964ターボに 3.2Lカレラのインマニを付けるのは定番ですが気をつけなければならないところが
普通につけたのではポートが大きすぎてG/Kとヘッドの隙間が2mm以下になる部分があります。

このままでは、フルブーストを掛けるとG/K抜けする可能性があるので溶接で肉盛りします。

肉盛りする為には、ヘッドが分解されている必要があるので3.2Lのインマニをつけるには、
最低エンジンO/H作業が必要ということです。

 

 

y 964 3

 

 

溶接肉盛りでG/K部分に厚みを持たせます。

こうしないとG/K抜けの要因となります。

 

 

y

y964 5

 

 

もともとターボエンジンの ポートは、小さいです。

3.2lインマニ用に ポート拡大作業です。

 

 

y 964 6

y 964 7

 

 

ポート形状も理想的な形にします。

 

 

964 y1

y 964 8

 

 

シリンダーは、 1個のみ新品を使用。

クーパーリング加工と リセス加工をします。

スロットルは、BIG スロットル加工します。


コメント

RSS feed for comments on this post.

TrackBack URL : http://kurumaseibi.com/modules/wordpress/wp-trackback.php/496

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとE-mailは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
HTML allowed: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

49 queries. 0.017 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress