ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
サイト情報
サイト管理者

hiro


オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが ブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...
ブログ  カレンダー
2022年 10月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ブログ  検索
お問い合わせ


チューニング、車の整備に関するお問い合わせは、 チャレンジレーシングまで



chale




お問い合わせ  ホーム



<< アミューズ走行会 911 レーシングテール >>

2008年10月9日(木曜日)

ポルシェロッカーアーム

カテゴリー: - hiro @ 23時07分05秒

ポルシェのロッカーアームは、パワーを出した車だと
よく折れることがあります。

特に折れるのは、パワーを出したターボ車両の場合です。

先日、930の3.2Lの車で珍しいロッカーアームの壊れ方をしたエンジンを見ました。

roxtuka 1

先端の部分が欠けています。

これは、折れたのではなく走行中にロッカーアームが緩んで
横に飛び出して欠けてしまったものだと思われます。

プラグコードを外そうとすると飛び出したロッカーシャフトに当たって抜けないという
状態でした。

roxtuka 2

通常ポルシェのロッカーシャフトは、メーカー規定のトルクがあるのですが、
規定トルクで締めると再使用のロッカーシャフトの場合緩んで出てくる場合があります。

ロッカーシャフトのボルトは、6mmですが、特殊ボルトを使っていますので、相当なトルクをかけて締めても
折れることはありません。

この部分は、メーカーの規定トルクを無視して結構なトルクで締めてあげないとオイル漏れやボルトの緩みとなります。

これを知らないでメーカーの規定トルクばかり参考にしてエンジンを組むととんでもないことになります。

roxtuka 3

この車のようにロッカーアームのみで済めばまだいいのですが最悪は、カムハウジングがダメになります。

本人は、オーバーレブでなったものだといっていましたが、たぶん元から緩んでいてたまたまオーバーレブと
重なっただけ、、、です。

幸いカムハウジングは、大丈夫でロッカーアームの交換のみで治りそうです。


コメント

RSS feed for comments on this post.

TrackBack URL : http://kurumaseibi.com/modules/wordpress/wp-trackback.php/66

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとE-mailは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
HTML allowed: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

49 queries. 0.009 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress