ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
サイト情報
サイト管理者

hiro


オンライン状況
4 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが ブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 4

もっと...
ブログ  カレンダー
2022年 10月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ブログ  検索
お問い合わせ


チューニング、車の整備に関するお問い合わせは、 チャレンジレーシングまで



chale




お問い合わせ  ホーム



<< 911 レーシングテール 911レーシングテール取り付け >>

2008年10月16日(木曜日)

ベンツ S220 水漏れの原因

カテゴリー: - hiro @ 18時23分38秒

以前からやっていたベンツS500の室内の水漏れですが、
原因は、エンジンルーム側のブロアファンの吸い込み口がゴミなどで詰まってしまい
そこに溜まった水をブロアファンが吸い込んでしまうというものでした。

助手席側の室内は、水浸しになり配線のカプラーは腐って腐食していました。

s220 mizu1

カプラーは使い物になりません。

s220 mizu2

このおかげでリヤにあるバキュームのコントロールユニットがショートしてしまい、キーレスが使えなくなっていました。

バキュームコントロールユニットを修理して取り付けました。

s220 mizu3

これでキーレスが使えるようになったのですが、エンジンをかけると今度はブロアファンが動きません。

特にヒューズなどは切れていないのに動きません。

おかしいと思い外してみると見事に錆び付いています。

ここから室内に水が進入していたので錆びていて当然です。

入庫したときは動いていましたがさすがに1ヶ月ぐらいパーツ待ちになっていたので
その間に完全に錆び付いてしまったようです。

s220 mizu4

S220のベンツのブロアファンは、助手席の下側から簡単に交換できる位置にあるのでまだいいのですが
ダッシュボードを外さないと交換できない車だと最悪です。

最近は、ベンツもメンテナンス性がよくなったものです。


コメント

RSS feed for comments on this post.

TrackBack URL : http://kurumaseibi.com/modules/wordpress/wp-trackback.php/68

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとE-mailは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
HTML allowed: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

49 queries. 0.010 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress