ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
サイト情報
サイト管理者

hiro


オンライン状況
3 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 3

もっと...
ブログ  カレンダー
2023年 2月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
ブログ  検索
お問い合わせ


チューニング、車の整備に関するお問い合わせは、 チャレンジレーシングまで



chale




お問い合わせ  ホーム



<< ハイエース、ポルシェ、、、FD 964 カレラ2 エンジン始動 >>

2009年2月25日(水曜日)

ポルシェ ヘッド加工とSET長合わせ

カテゴリー: - hiro @ 22時48分58秒

加工から上がってきたポルシェ964カレラ2のヘッド

メニューは、シートリング入れ替え、シートカット、バルブガイド製作入れ替えです。

いつも出している加工屋さんだと納期が遅いので秘密の場所で

ポルシェのヘッドの加工は、難易度が高いので
ある程度の経験がある加工職人でないと無理です。

hed 1

エンジンの加工というのは普通の金属加工とは、また違いいろいろなノウハウが必要です。

特にシートリングやバルブガイドなど、、クリアランスを間違えると落っこちてしまったりしてエンジンが全損になる
部分だけに経験と知識が必要です。

hed 2

このバルブシート普通と少し違います。

少し上に上げています。  これはわざとこうしています。

シートを上に上げるとその分当然燃焼室の面積が狭くなるので圧縮比が上がります。

ポルシェのように大きなバルブだとバルブ面積も多いので平気で 5cc  とか変わります。

hed 3

こういう部分もエンジン組みと加工を両方出来る人にお願いすると話が早いです。

今回も、「少し圧縮をあげたいのでお願いします。」

これだけで話が通ってしまいます。

加工しかやったことがない職人だといちいち寸法を指定したりいろいろと面倒なことが多いので
本当の職人とはいえません。

だって図面渡されてそのまま加工するだけなら正直機械だけでOKですから、、、

一個一個目で見て会わせるから価値があるのだと思います。

hed 4

抜き換えたバルブガイドとシートリングです。

続いてバルブのSET長合わせ

hed 5

hed 6

バルブのストロークを測定して中に入れるシムの厚さを決めます。

hed 7

バルブのストロークがないのにハイカムを組んだりするとバネがクラッシュします。

あとは、ストロークが増えたのにピストンのリセスが足りないとバルブとピストンがタッチします。

このあたりはエンジン組みのノウハウになります。


コメント

RSS feed for comments on this post.

TrackBack URL : http://kurumaseibi.com/modules/wordpress/wp-trackback.php/138

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとE-mailは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
HTML allowed: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

49 queries. 0.012 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress