ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
サイト情報
サイト管理者

hiro


オンライン状況
12 人のユーザが現在オンラインです。 (7 人のユーザが ブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 12

もっと...
ブログ  カレンダー
2021年 12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ブログ  検索
お問い合わせ


チューニング、車の整備に関するお問い合わせは、 チャレンジレーシングまで



chale




お問い合わせ  ホーム



<< 964ターボ タービンO/H 964ターボ タービンO/H 3 >>

2009年3月18日(水曜日)

964 タービンO/H 2

カテゴリー: - hiro @ 21時48分21秒

純正タービンのO/Hが不可能となった964ターボですが、

タービン屋さんからタービンが帰ってきました。

EX側の羽が見事に溶けています。

964ta-bin8

ターボの羽がここまで溶けていて普通に走っていたと思うと怖いものがあります。

エンジンルームからの変な音は、間違いなくタービン音ということになります。

怖いところは、EXハウジングが付いていて上から見た場合、下の写真のように溶けているのが解りません。

964ta-bo1

このタービンは、再起不能となりました。

タービンをどうしようか? と考えていたところFDに付いていたK27があるということでそれでいこうと
合わせてみたところまるで大きさが違いボルトオンでは、無理です。

こんなに違います。

964ta-bin11

まるで大人と子供ぐらいの違いがあります。

ポルシェのタービンは、K27とはいってもチューニングタービンのk27とは、まるで大きさが違います。

ベースの大きさは、K26程度です。

ボルトオンで使えるMOJなどは、すでに新品販売していませんので海外からチューニングタービンを購入するか?
純正タービンを買うか?  ということになります。

今回は、オーナーさんの判断でノーマル新品タービンで、、、という選択になりました。

でも、新品純正タービンは、すごく高い、、、、車の車格からすれば当然ですが、、、、

とりあえずタービン到着までにブーストUP準備をしています。

今回使うのは、懐かしい EVC4  です。

964evc4

すでに廃盤モデルですが新品未使用品

EVC 5 と比べて機能的には、落ちますが安いそうです。

964 mafura1

この車は、触媒付きなのでAFアダブターも触媒手前部分に溶接しました。

触媒付きのブーストUPというのはやったことがないのですが抜けが悪くてあまりブーストが上がらない可能性がありますが
今回は、このままで行きます。

それにしてもタービンブレードがあんなに溶けるということは、過去にどんな使われ方をした車なのか?

あのタービンを見るとエンジン本体も何らかの影響を受けている可能性があるので安心してブーストは、かけられないような
気がします。

AF数値は、正常でもエンジンの中身までは解らないので注意が必要です。

何もなければいいですが、、、、


コメント

RSS feed for comments on this post.

TrackBack URL : http://kurumaseibi.com/modules/wordpress/wp-trackback.php/146

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとE-mailは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
HTML allowed: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

49 queries. 0.014 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress