ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
サイト情報
サイト管理者

hiro


オンライン状況
5 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが ブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

もっと...
ブログ  カレンダー
2021年 12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ブログ  検索
お問い合わせ


チューニング、車の整備に関するお問い合わせは、 チャレンジレーシングまで



chale




お問い合わせ  ホーム



<< 964ターボ  BIGタービン&ハイカム 完成! 仕事が終わらない! >>

2009年7月17日(金曜日)

930ターボ  エンジン点検

カテゴリー: - hiro @ 21時42分42秒

79年   930ターボ  3.3Lの  各部点検をしています。

あるところでヘッドボルトが折れていると言われたらしいですが、、、
それも含めて全体の点検をしました。

79 930 1

まず乗って見ると普通に走ります。

それほどエンジンの調子も悪くなく、年式にしてはそれなりかな? と思っていましたが
オイル漏れがとにかくひどいです。

1日置いておくと下のような感じです。

79 930 2

とりあえずインタークーラーを外してプラグチェックしようとすると3番プラグのコードがきちんと刺さっていない。

ヘンだな?  と思い  プラグコードを外すと、、、、

嫌な感じがしました。

中から出てきたのは、折れたヘッドボルトです。

79 930 3

これがひかかってきちんとプラグコードがささっていませんでした。

いずれにしても最悪の事態です。

それにしてもヘッドボルトが折れていると解っていて折れたボルトをそのままにしてブラグコードをさす神経が解りません。

せめてオーナーさんにこんな感じで折れていました。 と言ってあげればいいのに、、、、

オイル漏れも妙に3番シリンダーのあたりから多いので3番シリンダーの付け根から漏れている可能性があります。

それにしてもポルシェは、すごいですね。

こんな状態でも走らせるときちんと ブーストがかかり 普通に走っていました。

しかもこの車は、たぶんウエストゲート壊れている為、普通に1Kのブーストが掛かります。

このまま、、もし走り続けたら確実に3番シリンダーは、吹き飛びます。

79 930 4

79 930 5

折れたヘッドボルトと オイルまみれのインタークーラーです。

いずれにせよ ヘッドボルト交換は、 エンジンO/Hとなります。

もちろん中途半端にヘッドボルトだけを直すことも可能ですが、、、
永く乗るなら意味がないのでオーナーさんと相談していろいろやりたいと思います。

今後のブーストUP や BIGタービンに向けて  

最低カム交換と  クーパーリング加工は、しておきたいところです。

どうせなら転んでもただでは起きない作業をしておきたいと思います。

調子がいい 930ターボがもっと増えてほしいと思うのは、ビジネスを抜きとした正直な気持ちです。

ポルシェは、、、、特にターボは、スーパーカーなんですよ!

カウンタックやフェラーリ マセラッティーや デトマソパンテーラと 並ぶ  スーパーカーです。

後世に残すべきすばらしい車だと思います。

だから大切に乗りましょう。


コメント

RSS feed for comments on this post.

TrackBack URL : http://kurumaseibi.com/modules/wordpress/wp-trackback.php/203

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとE-mailは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
HTML allowed: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

49 queries. 0.013 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress