ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
サイト情報
サイト管理者

hiro


オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...
ブログ  カレンダー
2020年 8月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ブログ  検索
お問い合わせ


チューニング、車の整備に関するお問い合わせは、 チャレンジレーシングまで



chale




お問い合わせ  ホーム



<< バーリング加工 FD3Sタワーブレス作成 >>

2008年1月29日(火曜日)

カーボンLSD

カテゴリー: - hiro @ 22時42分11秒

評判の悪いA○SのカーボンLSDを分解しました。

このLSDを付けてトラブル車がすごく多いです。

原因は、はっきりしないので一概にLSDだけのせいだと言えないのですが、
通常のメタルLSDの交換すると直ってしまうということは、何か原因があるはずです。

lsd 1

 

 

 

 

 

 

 

デフケースを開けたところです。

すでにカーボンの粉がぎっしりです。

lsd 2

 

 

 

 

 

 

 

ケース側にもこんなにカーボンの粉がついています。

この粉がデフそのものに悪影響を与えるのではないかと思われます。

事実、3台の車に付けて同じようなトラブルが発生しています。

そのトラブルは、デフのバックラッシュが多くなり最悪の場合ファイナルギアから異音がして
壊れるというものです。

lsd 3

 

 

 

 

 

 

 

ケースを洗うとこんなにもカーボンの粉が出てきます。

この粉がオイルに混ざるとデフオイルクーラーなどを付けている車は
オイル配管が詰まったりします。

カーボンの影響なのかカーボンLSDを付けた車は、以上にデフ温度が上がります。

あまりにもトラブルが多いので今後は使わない方向でいます。

カーボンLSDを使用している方は、気をつけましょう!


コメント

RSS feed for comments on this post.

TrackBack URL : http://kurumaseibi.com/modules/wordpress/wp-trackback.php/39

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとE-mailは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
HTML allowed: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

49 queries. 0.018 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress