ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
サイト情報
サイト管理者

hiro


オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが ブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...
ブログ  カレンダー
2019年 11月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ブログ  検索
お問い合わせ


チューニング、車の整備に関するお問い合わせは、 チャレンジレーシングまで



chale




お問い合わせ  ホーム



<< エンジン組み完了!! 964 3.6LターボS フラットノーズ  2 >>

2010年11月23日(火曜日)

964 3.6LターボS フラットノーズ

カテゴリー: - hiro @ 20時35分10秒

964 3.6Lターボ   これだけで相当レアですが、、

ターボS   しかもフラットノーズ、、、

とんでもなくレアです。

964ターボ 時代 ポルシェは、いろいろなスペシャルモデルを作って来ましたが、
3.6Lターボの最終モデルの ターボS フラットノーズは、968や928のヘッドライトをもつ車も含めても

総数で10台しか生産されなかったと言われています。

ということを考えれば本物の希少車です。

964ta-bo s1

964ta-bo s2

3.6Lターボは、 ポルシェのシングルターボの最高峰の車。

M64エンジンベースで  最大馬力  360PS  

ポルシェで 初めて リッター100PSを 超えた車です。

しかも、今回の車は、ターボSなので ノーマル385PS  

市販モデルとしては、964最強のマシンです。

964ta-bo s3

そんなことよりも、、チューナーとしては、、エンジンの中身がどうなっているのか?  

それが知りたい!!

ターボSにだけ使われたという特殊カムの存在、、、 そしてタービン、、、

いままで本当に数多くの930&964ターボをやってきましたが、、

1番待ち望んでいたのは、 3.6Lターボです。

しかも、、ターボS    これほど、、謎の多い車は、他にはないですね。

今回は、オイルもれ修理ですが、当然カム周りやその他も点検したいと思います。

964ta-bo s4

見た目は、普通の3.3Lターボと変わりません。

問題は、中身ですね。

964ta-bo s5

エンジン脱着は、ポルシェには、当たり前の作業なので あっという間です。

964ta-bo s6

さすがにタービン、、でかいですね。

ノーマルでMOJと同じサイズです。

964ta-bo s7

最近やっと 3.6Lターボのお客さんが来るようになりました。

もう1台 964 3.6Lターボ改  3.8Lターボの フルコンもやる予定です。

こちらも楽しみです。

 


コメント

RSS feed for comments on this post.

TrackBack URL : http://kurumaseibi.com/modules/wordpress/wp-trackback.php/413

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとE-mailは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
HTML allowed: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

49 queries. 0.011 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress