ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
サイト情報
サイト管理者

hiro


オンライン状況
9 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが ブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 9

もっと...
ブログ  カレンダー
2020年 1月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ブログ  検索
お問い合わせ


チューニング、車の整備に関するお問い合わせは、 チャレンジレーシングまで



chale




お問い合わせ  ホーム



<< 930ターボS K27 MOJタービン 可変マフラー 凄い ハイエース  LSD取り付け >>

2011年8月27日(土曜日)

930 SC リヤコイルオーバー 作成

カテゴリー: - hiro @ 21時32分14秒

930 SC リヤコイルオーバーサス作成です。

今回は、フロントは、トーションバーのままでリヤのみ車高調整がしやすい
コイルオーバーにします。

本当は、KIT物を買って前後コイルオーバーにすればいいのですが
このあたりはお客さんの好き好きなのでやり方は、自由です。

 

 

930 sc 1

930 sc2

 

 

当然、ブッシュ類は、強化ブッシュに交換です。

 

 

930sc3

 

 

リヤは、コイルオーバーにするのでトーションバーを外します。

 

 

930sc4

930sc5

 

 

リヤショックは、純正のビルシュタインを使いますの車高調アダプターが入るようにロッド加工します。

 

 

930sc6

 

 

かぶせ式の車高調アダプターを使ってコイルオーバー式に変更します。

 

 

930sc7

930sc8

 

 

アッパーマウントを削りだしで作って コイルオーバー式に変更します。

組み合わせるバネは、9K

 

 

930sc10

 

 

最後にアライメントをきっちりと取って完成です。

この程度のショックで大丈夫なのか? と不思議に思う人がいますが、、

チャレンジ号のリヤの車高調は、これとほぼ同じ仕様です。(もちろんバネレートは、違いますが)

これでも、、ラジアルタイヤで 筑波サーキットで1分4秒台が出ます。

高価な車高調を入れればサーキットでタイムが出ると勘違いしている人がたくさんいますが、、

それは、違いますよ!

1番大切なことは、乗り手と車のバランスです。

正直に言うとこの程度の車高調でも、、この程度ですよ!(伸介さんのような言い方!!) :lol:

タイムは、出るんです。

自分が車に対して何を求めているのか? が1番重要なことです。

高価なものを使いこなす腕がなければ結局、、宝の持ち腐れです。

車のチューニングの仕方は、自分のやりたいように自由なのが基本だと思います。


コメント

RSS feed for comments on this post.

TrackBack URL : http://kurumaseibi.com/modules/wordpress/wp-trackback.php/469

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとE-mailは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
HTML allowed: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

49 queries. 0.014 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress