ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
サイト情報
サイト管理者

hiro


オンライン状況
7 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが ブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 7

もっと...
ブログ  カレンダー
2020年 9月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ブログ  検索
お問い合わせ


チューニング、車の整備に関するお問い合わせは、 チャレンジレーシングまで



chale




お問い合わせ  ホーム



<< 旋盤加工 L型エンジン 11 >>

2008年4月18日(金曜日)

L型エンジン 10

カテゴリー: - hiro @ 22時22分02秒

ブロックの洗浄が終わると組み付けの準備をします。

古い車のブロックに場合や、エンジンブローした車は、ブロックの中に
とんでもない破片やゴミが貯まっている場合があります。

だからブロックの洗浄は、凄く重要な作業となります。

L型エンジン 23

エンジン台に載せる前のブロックです。

L型エンジン 24

クランクキャップをつけて最終チェック

L型エンジン 25

L形エンジンの心臓部ともいえるクランクです。

直6のクランクは、長い、、、

だから必ず高回転で触れが出ます。

だからクランクプーリボルトは、規定トルクよりもオーバー気味で付けます。

RBのGT-Rなんかは、35Kです。

こんなに閉まっているとタイミングベルト交換が大変な訳です。


コメント

RSS feed for comments on this post.

TrackBack URL : http://kurumaseibi.com/modules/wordpress/wp-trackback.php/53

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとE-mailは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
HTML allowed: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

49 queries. 0.013 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress