ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
サイト情報
サイト管理者

hiro


オンライン状況
5 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが ブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

もっと...
ブログ  カレンダー
2018年 11月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ブログ  検索
お問い合わせ


チューニング、車の整備に関するお問い合わせは、 チャレンジレーシングまで



chale




お問い合わせ  ホーム



<< アイドラーズポルシェDAY ポルシェ964ターボ  コンプレッション >>

2008年10月28日(火曜日)

ポルシェターボ ウエストゲート

カテゴリー: - hiro @ 18時15分17秒

ポルシェターボのウエストゲートの修理をしています。

ポルシェターボ  964 930 などもすでに販売されてから15年以上経ちます。

ウエストゲート本体もさすがに年式が経つとバルブのガイドがガタガタになります。

しかも、今まで1度もメンテナンスしたことがない車がほとんどです。

症状としては、ブースト圧がいったんオーバーシュートしてから元に戻ったり、ブースト圧が安定しなくなります。

uesuto1

ポルシェの純正ウエストゲートは、すごくでかいです。

uesuto2

社外のウエストゲートと比べてもかなり大きめです。

uesuto3

中身は、このようにバネとダイヤフラムが入っています。

バネのスプリングの堅さでブースト圧を設定しています。

ダイヤフラムもよくダメになるパーツです。

uesuto4

この車の場合ダイヤフラムが今にも破れそうになっています。

要交換です。

このパーツは、純正部品としてはパーツ供給がないのですが、アメリカ周りで取り寄せれば購入可能です。

uesuto5

これがウエストゲートのバルブなのですが、バルブガイドとバルブのガタがすごいです。

ウエストゲートが開く前にガイドの隙間からエアが逃げてしまうのでブースト圧が安定しません。

これも昔は、バルブガイドとしてパーツが売られていたみたいですが今はないので加工屋さんにお願いして
バルブガイドを製作入れ替えします。

ウエストゲートは、新品部品を買うと高額なのでO/Hして使用したほうがいいです。

ターボにお乗りの方は、一度点検してみてください。


コメント

RSS feed for comments on this post.

TrackBack URL : http://kurumaseibi.com/modules/wordpress/wp-trackback.php/75

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとE-mailは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
HTML allowed: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

49 queries. 0.015 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress