ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
サイト情報
サイト管理者

hiro


オンライン状況
4 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが ブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 4

もっと...
ブログ  カレンダー
2021年 10月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ブログ  検索
お問い合わせ


チューニング、車の整備に関するお問い合わせは、 チャレンジレーシングまで



chale




お問い合わせ  ホーム



<< 200系ハイエース LSD&ファナル ポルシェ 3.2Lから3.2Lへ、、 >>

2008年11月27日(木曜日)

KE24 エンジンオーバーヒート 

カテゴリー: - hiro @ 23時40分45秒

久々の国産エンジン、、、

日産のラルゴやキャラバンに乗っているKE24エンジンのG/K交換です。

となりのお店(大家さん)のお客さんで車は、ラルゴ。

ウォーターポンプが壊れて水がない状態で走ってしまいオーバーヒート

とりあえずウォーターポンプを新品にしてエンジンをかけると、しばらくすると
ラジエターキャップから噴水のようにクーラントが溢れて来ました。

エンジンの圧縮圧力がウォーターライン側に抜けて空気として吹き出してきます。

間違いなくG/K抜けの症状です。

ヘッドG/K交換となりました。

水の入っている車?   久しぶりです。

ほんと1BOXは整備性はすごく悪いです。

rarugo 1

ヘッドをあけるとオイル管理が悪いらしくカムが真っ黒です。

日産のKEは、昔、キャラバンにターボを着けたことがあるのでO/Hしたことがあるのですが
タイミングチェーンをカム側で一次変則しています。

バルブのはさみ角を小さくする為の工夫ですが性能的には、いまいちです。

rarugo 2

NAなのにへこんだピストンです。

これは、ヘッド側の容積が少ないのでピストン側で圧縮を落としています。

rarugo 3

G/Kのウォーターラインがぼろぼろです。

それにしてもエンジンに水が入っているのが珍しく感じるぐらいポルシェばっかりだったので
ほんと久々の水冷、、、という感じです。


コメント

RSS feed for comments on this post.

TrackBack URL : http://kurumaseibi.com/modules/wordpress/wp-trackback.php/93

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとE-mailは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
HTML allowed: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

49 queries. 0.012 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress