ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
サイト情報
サイト管理者

hiro


オンライン状況
7 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが ブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 7

もっと...
ブログ  カレンダー
2019年 9月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ブログ  検索
お問い合わせ


チューニング、車の整備に関するお問い合わせは、 チャレンジレーシングまで



chale




お問い合わせ  ホーム



<< またまた、964ターボ  ウエストゲート 964ターボ オイル漏れ修理のつもりが、、、 >>

2009年4月25日(土曜日)

フラットノーズ号  オイル漏れ修理

カテゴリー: - hiro @ 22時49分16秒

メンテナンス中のフラットノーズ号ですが、エンジンオイル漏れがすごいです。

エンジンを止めていてもオイルが下に漏れるレベルです。

問題の箇所は、オイルリターンチューブです。

flat 5

オイルリターンチューブには、後から液体G/Kを塗られた後がありますが、中身がダメになった後だとほとんど手遅れです。

リターンチューブを左右に動かすと簡単に動いてしまうほどシールの役目をしていません。

flat 6

補修用の収縮できるリターンチューブを使い修理しますリターンチューブは、
普通は、ヘッドを外さなければ修理できませんがこのパーツなら外さなくても修理できます。

鉄製の物とアルミ製のものがあるのですが、今回は、アルミ製です。

鉄製のものよりも使いやすく感じました。

flat 7

取り付けるとこんな感じです。

続いてカムにいくオイルチューブもオイル漏れを起していたのでアールズのホースに交換です。

flat 8

手で触るとこんなに粉々です。

flat 9

アールズホースに交換

flat 10

最後は、やっぱりKジェトロの修理!!

これが1番お金のかかる部分ですが、ちなみにウォームアップレギュレターは、14万円、、、、、

しかも現物修理というおまけ付。

でも今回のパーツは、1万5千円

flat 10

実際にきちんと動くのか思考錯誤でしたが問題なく動きます。

というか、、、ウォームアップレギュレターが実際は、たいしたことをしていないというだけです。

14万円分の仕事をしていません。

浮いたお金を次回のキャブ仕様の資金にしてもらえばと思います。

走行してみましたが問題なく走ります。  

SC 3Lは、エンジンは、軽快に吹けますがエンジン回転ほど車速が乗らない車です。

このあたりのギャップをカムやBIGバルブなどのフルチューンで埋めたいです。

それは、次回のお楽しみと言うことで、、、


コメント

RSS feed for comments on this post.

TrackBack URL : http://kurumaseibi.com/modules/wordpress/wp-trackback.php/160

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとE-mailは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
HTML allowed: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

49 queries. 0.022 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress