ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
サイト情報
サイト管理者

hiro


オンライン状況
4 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが ブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 4

もっと...
ブログ  カレンダー
2019年 7月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ブログ  検索
お問い合わせ


チューニング、車の整備に関するお問い合わせは、 チャレンジレーシングまで



chale




お問い合わせ  ホーム



<< 930 ターボ エンジンO/H W124 ベンツ  燃料ゲージ交換 >>

2011年3月31日(木曜日)

964  3.6lターボ EMS フルコン

カテゴリー: - hiro @ 21時13分19秒

 

ポルシェ 3.6Lターボ EMS フルコン仕様 作成中です。

ポルシェ 964ターボ は、3.3Lと 3.6Lがありますが、

3.6Lは、かなり希少な車です。

しかもディラー車となると  何十台しか存在しないです。

そのうちの一台です。

3.6l1

3.6l2

3.3Lと 3.6Lでは、エンジン本体が違います。

3.3Lターボは、930ターボの M30エンジンベース

3.6Lターボは、 964カレラ2の M64ベースです。

基本的な違いは、排気量と 圧縮比  そしてカムシャフト です。

3.6Lターボには、純正で 964カレラ2と同じ プロフィールのカムシャフトが付いています。

これだけでもかなり大きな違いです。

といっても、、チューニングすればほとんど変わらなくなるのがポルシェエンジンの凄いところですが、、

3.6t3

3.6t4

 

 

3.6Lターボといっても  もう今から20年近く前の旧車です。

この車もKジェトロの調子が悪く、、エンジンが始動困難ということで今回は、EMSのフルコンにします。

 

 

3.6t5

3.6t6

 

 

EMSは、ポルシェターボには、いままで相当な数を付けたのでかなりのデーターが揃っています。

だから、、3.6lターボでも 一発始動です。

このあたりは、やっぱりなれたフルコンがいいですね。

これから、、マフラーを 可変マフラーに作り変えてセッティングです。

今回は、可変マフラーをEMSでコントロールしたいと思います。

 

 

例えば3000rpmから バルブを開いて 現行のGT-3の様な、乗っていてその気にさせるマフラーサウンドに
したいと思います。

フルコンならこれが可能です。

昔からやってみたかったんですよね!

これから楽しみです。


コメント

RSS feed for comments on this post.

TrackBack URL : http://kurumaseibi.com/modules/wordpress/wp-trackback.php/443

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとE-mailは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
HTML allowed: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

49 queries. 0.017 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress