ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
サイト情報
サイト管理者

hiro


オンライン状況
11 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが ブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 11

もっと...
ブログ  カレンダー
2021年 12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ブログ  検索
お問い合わせ


チューニング、車の整備に関するお問い合わせは、 チャレンジレーシングまで



chale




お問い合わせ  ホーム



<< L型エンジン 3 L型エンジン 5 >>

2008年3月20日(木曜日)

L型エンジン 4

カテゴリー: - hiro @ 21時22分05秒

ピストンの圧縮比計算が終わると、ピストンをばらしていきます。

よく、雑誌などでこの時点でエンジンを下に向けてピストンを脱着する光景を
見ますが、ピストンは、上向けの状態で下から上に抜く。

この方法は、1番やりやすく、汚いオイルをピストンに入れなくて済みます。

L型エンジン 7

こんな感じで抜けばオイルリングで自然と止まります。

ピストンを抜く前にシリンダーの側壁のカーボンは、取っておきます。

L型エンジン 8

これは、外したオイルポンプです。

すばらしくオイルが汚いです。

L型エンジン 9

これが今回の問題のピストンです。

よーく見てください。

写真の1番右のコンロッド、、、、、

曲がっています。

これは、2番のコンロッドです。

何かにぶっかた様子はないのですが、曲がっています。

異常燃焼が原因かもしれません。


コメント

RSS feed for comments on this post.

TrackBack URL : http://kurumaseibi.com/modules/wordpress/wp-trackback.php/46

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとE-mailは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
HTML allowed: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

49 queries. 0.011 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress