ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
サイト情報
サイト管理者

hiro


オンライン状況
10 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが ブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 10

もっと...
ブログ  カレンダー
2020年 9月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ブログ  検索
お問い合わせ


チューニング、車の整備に関するお問い合わせは、 チャレンジレーシングまで



chale




お問い合わせ  ホーム



<< 930ターボ E/G OH 完成 930ターボS K27 MOJタービン 可変マフラー >>

2011年7月30日(土曜日)

964 ターボ 3.6L E/G OH

カテゴリー: - hiro @ 22時13分05秒

ポルシェ 964 3.6ターボ エンジンO/Hです。

964 3.6Lターボは、 ポルシェ シングルターボの最高峰

また、 その生産台数の少なさからプレミア車両として今でも
中古車価格は、 水冷のターボや、GT-3より高額だったりします。

3.6 m1

3.6 m2

 

 

3.6Lターボエンジンは、基本的に 964カレラ2の M64形 エンジンがベースです。

930から964 3.3Lターボまで続いた M30エンジンではなく ターボエンジンでは、初めてのM64ベースです。

 

 

3.6 m3

 

 

M64エンジンベースではありますが、 ヘッドのポートサイズや シングルプラグ、Kジェトロ、EXマニやタービン
など ほとんどの部分が3.3Lターボと同じです。

違うのは、 3.3Lから 3.6L へ変更になった排気量と カレラ2と同じプロフィールを持つカムです。

 

 

3.6m4

3.6m5

 

 

分解前の バルタイ測定。

普通のノーマルは、取らないんですが、このエンジンは、以前のパワーチェックの際に思ったよりも
パワーが出なかったので確認の為に測定しました。

案の定、、 4-6番バンクのバルタイが5度もずれていました。

適当にO/Hされた車だとよくあることです。

 

 

3.6m6

3.6m7

 

 

ポルシェエンジンのO/Hの場合 ピストンシリンダーの状態が1番重要ですが、
この車のピストン&シリンダーは、綺麗で、歪みもほとんどありませんでした。

 

 

3.6m8

3.6m9

 

 

クランクやメタル状態もいいので一安心です。

さーて これからが楽しみです。


コメント

RSS feed for comments on this post.

TrackBack URL : http://kurumaseibi.com/modules/wordpress/wp-trackback.php/467

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとE-mailは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
HTML allowed: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

49 queries. 0.012 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress